2015/01/10

寝ても冷めてもスター・トレック

長寿と繁栄を

どうも雪那です。


スター・トレック オリジナルシリーズ
通称STOが放映開始されたのは
1966年 今が2015年なので、49年前になるのかな。

僕はTNG世代なので、STOを全編ちゃんと観たことがなかった。

所々飛ばし飛ばしスーパーチャンネルで放映してるのを見た事があったけど。
なんせ特撮がショボイ。。。。途中で疲れちゃう。

当時は最新の特撮技術だったのだろうけど。
やっぱりねぇ・・・


しかし、事あるごとにスタトレネタを連発する僕に嫁がキレた(わけじゃないけど)

「私もスター・トレックを観てみたい」ときたもんだ・・・・

お、おおう、じゃぁ観てみようじゃないか。
ということで調べてみると

オリジナルシリーズの特撮部分を作りなおしたデジタルリマスター版というのが発売しているではないの。

お値段も通常版DVDよりちょっとお高め。
どの程度特撮部分が綺麗になっているのか調べてもあまりでてこない
(上手く作りすぎて、どこが作り直しなのかわからないレベル)
でもこの際、デジタルリマスターを買ってしまえということで、初のオリジナルシリーズ全編視聴しましたよ。

5年の調査飛行との謳い文句なので、当然5シーズンかとおもいきや
打ち切り3シーズンなのね。

まだまだ設定も未熟で連続性も薄い。
しかし、これが今後続くスタトレワールドのベースなんだなぁ

このデジタルリマスター版
一番感じたのは制作スタッフのスタトレ愛
丁寧に、丁寧に、オリジナルのイメージを崩さないように
当時描きたくて、描ききれなかった部分を作り直してました。

素晴らしいの一言。

にわか知識としては知っていたけど、実際に物語を見たことが無かったエピソードもいっぱいあり、大満足でした。

そして続く映画6本

大幅に増えた予算で、やってみたいことをとことんやったモーションピクチャー

大ヒットのなりゆき3部作 カーンの逆襲ーミスタースポックを探せー故郷への長い旅

ウィリアム・シャトナー初監督 ラズベリー賞総なめ 新たなる未知へ

こんな所で終われない、やっぱりコッチがラストだよ 未知の世界

CGIは置いといて、全作素敵でした。

ウィリアム・シャトナーって、役者としては恵まれてたけど、監督としてはかなりのババ引きだったのかなー。
特に細部のデティールの粗さというか、、、、適当さが目立つ、目立ちすぎる スタトレ5だったなぁ。。。

比べてスポックの監督作品の優秀なこと。

STOから映画6作を見た所で、次は・・・・
TNG。ザネクストジェネレーション

こちらもなんと、デジタルリマスター版がBDで発売している、しかも安い

これは、観るっきゃ無いでしょ。

思えばTNG,,, DVD全巻買ったんだけど、お金なかった学生時代に売り払って小銭にしたっけか。。。いつか買い戻すと誓ったっけ。。。

あれから13年かー。(´ヘ`;)ウーム…時間かかったね。
こちらも予算の関係上、使い回しの多かったCGIの部分を作り直してるらしいので
今から楽しみです!!!ヽ(=´▽`=)ノ


それでは皆様

qapla(カプラッ)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。